個人情報保護方針Pマーク

大場印刷株式会社個人情報保護方針

  • 2006年9月1日制定

  • 2008年9月1日改訂

  • 2015年11月7日改訂

  • 代表取締役社長 大場寛治

  高度情報通信社会の渦中にある昨今は、巷間、情報技術の進展がもたらす恩恵とは裏腹に、様々な事件が露呈して大変憂慮すべき事態になっております。故意、不慮にかかわらず、簡単に情報を流出させてしまうことが可能な現状は、日頃、企業や個人の大切な情報をお預かりし、それに接しながら処理・加工を行い、製品化することが任務である印刷業界人にとって、企業存続に関わるまさしく危機的な状況であり、対策が急務です。

  そうした中、大場印刷株式会社(以下当社と言います。)は、情報の保護管理の継続的な改善を事業活動の基本原則に据え、特に個人情報の保護におきましては、これまで平成19年8月にプライバシーマークを認証取得し、社員一丸となって保護管理に努めてまいりましたが、この度、JISQ15001:2006に移行し、法律に基づく個人情報保護ルールを定め、マネジメントシステムの適切な運用を通して保護体制を進化させます。

  当社は、それらのことを通して、これからも、印刷関連サービスにおける企業や個人の信頼と期待にお応えすると共に、先進的な技術革新や、高付加価値を生む人材の育成にも力をいれ、業務の適正な運営と健全な業績の伸長を通じて広く社会、経済の発展に貢献することにより、『印刷情報文化』の発展に寄与することを目指します。

  • 1.個人情報保護のために

    当社が保有する個人情報につきましては、個人情報の漏えい、滅失又はき損を防止するためにそのリスクを分析し、当社が可能な安全面での検討・対策を施して予防並びに是正を行います。

  • 2.法令遵守について

    当社は、国が制定している個人情報の取扱いに関する法令や指針その他の規範、地方自治体が制定している個人情報保護条例やその他の法令、行政機関が制定している指針等を遵守し、個人情報の適切な保護に努めます。

  • 3.個人情報保護管理体制

    当社の個人情報保護方針の全社員への周知徹底をし、かつ、個人情報保護マネジメントシステムを実効あるものとして運用するために次のようなことを行い、必要に応じて随時継続的に改善します。

    • 1.保有する個人情報保護のための役割体制を部門単位で定め、保護のための権限・責任を明確にします。

    • 2.個人に関する個人情報の取扱いについて社内規程類を遵守し、個人情報の適切な保護に努めます。

    • 3.当社が保有する個人情報は、常に正確かつ最新の状態に保ちます。

    • 4.教育:全社員対象に、年に一回以上、個人情報保護マネジメントシステム維持の重要性・役割や責任・違反した際に予想される事態について教育をいたします。

    • 5.点検:部門単位で、責任者が、月1回以上個人情報保護マネジメントシステムの運用状況を点検し、点検報告書を代表者に提出します。

    • 6.監査:全部門対象に、年に一回以上、個人情報保護マネジメントシステムの運用状況を監査し、監査報告書を代表者に提出します。

    • 7.点検報告書及び監査報告書に基づき、代表者の個人情報保護マネジメントシステムの見直しを行い、随時継続的に改善します。

  • 4.個人情報の取扱いについて

    当社は、個人情報を取得させていただく場合は、取得目的、当社の窓口をお知らせしたうえで、必要な範囲で個人情報を取得させていただきます。また、取得目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、ご本人様の承諾なく目的外利用及び第三者に開示・提供することはありません。

  • 5.外部への委託について

    当社が個人情報の処理を外部へ委託する場合は、当社の個人情報保護に関する受託者選定基準を十分に満たしている者を選定し、契約により漏えいや滅失又はき損を行わないよう義務づけ、かつ、適切な監督を実施いたします。

  • 6.個人情報に関するお問合せについて

    当社でお預かりしている個人情報に関する苦情及び相談(開示、訂正、削除等)につきまして、個人情報相談窓口を設置しておりますのでそちらへお問合せ下さい。

個人情報相談窓口 
個人情報保護管理者 土屋和浩

電話:023-686-6155