レトロなフィルム刷版

「学参ものをやっているんで、今もフィルム刷版があるんですよ」
というと不思議そうな顔をされます。
20年前のフィルムで今でも印刷する仕事があるのです。
技術的にはどう考えても活版のような復興がおきない。
プレート(VS)が無くなれば消えてしまう、そんな技術です。

さすがにこれだけはご勘弁

表紙はフィルムをスキャンしてPhotoshopで貼り合わせ、
CTPで出力します。社内に殖版機が無く面付ができないからです。

つまりは日光写真

小学生の頃に遊んだ「日光写真」とおなじです。ガラスとプレートとの間にフィルムを置き真空密着させて、太陽のかわりに紫外線を照射します。

ピンで焼く位置を決定

2つの穴にピンを差し込んで見当を合わせます。ピン用の穴は、片方は真円ですが、もう片方はあそびのある角丸です。プレートにフィルムを置いて貼った時に、右手でピンの遊びを確認して正像かどうか確認するためです。

覆い焼きで半調にする

最初に露光してから、遮光マスクをもう一度露光して網点を薄くしてしまう技法です。遮光マスクで必要な部分に窓を開けてそこに網点フィルムを貼ります。これをCMYの3版で露光すると写真中の文字の部分のように背景が半透明になり文字がよく読めるようになります。

現像して刷版の完成

焼きが終わったら現像ですが、業界ではこれを「混浴」と言います。専用の現像機を使わずにCTP用の現像液で現像するからです。「ストリップ」「尻揃え」「ケツをなめる」など古い業界語には色艶があります。

フィルムからの印刷のご相談承ります。

表紙等のペラ物でしたらフィルムをデータ化して文字の修正を行えます。
フィルムの殖版はできませんが、データ化できるものはCTPで。
また、ページ物でフィルムに面付されたものの1発焼きでしたら対応できます。
奥付の変更など、切り貼りで行う簡単な修正は対応できます。但しストリップ修正はできません。
ページ物のデータ化も可能です。